埼玉県ではシニア世代の地域活動参加を後押しするための取り組みを行っていますが、いまだに地域活動参加はハードルの高いものとなっているようです。


県が実施した調査結果によると、シニア世代は音楽活動や映画鑑賞よりも、読書に時間を費やしていることが分かりました。

地域活動に関する意識調査(2018年) -埼玉県
http://kyojo.saitamaken-npo.net/docs/100lab_researchreport_03graph.pdf

この背景を踏まえ、埼玉県事業として「R40大人のビブリオバトル in埼玉」を開催することとなりました。

「シニア世代が地域でつながりを持つことで心身とも健康に過ごすこと」は埼玉県だけでなく、全国的にも目指す目標かと思います。是非、貴社メディアで取り上げていただきたく、ご案内いたします。

決勝進出者続々決定!予選突破メンバーのコメント紹介!

(1)所沢市予選を勝ち抜いた林さん

「普段は東京オリンピックでイタリア選手団の事前キャンプをお迎えするための準備をしています。最近の楽しみはいい映画に巡り会うこと。これからも「面白い」と思うことに挑戦していきたいです。予選は楽しく闘えました。決勝戦でいろんな人や本に出会うことを楽しみにしています!」

(2)さいたま市予選を勝ち抜いた管野さん
「高校で数学の教師をしていました。定年後は公民館の館長などをしています。最近は子ども向けワークショップをしたり、孫と遊んだり、公私ともに充実しています。予選の5分間はあっという間でした。決勝では、観覧者の方に面白がってもらえるように頑張ります!」



ビブリオバトル」とは!?

ビブリオバトルは「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに、小学生から大人まで、誰でも開催できる書評ゲームです。

立命館大学のゼミからはじまり、今では中・高・大学生地区予選、全国大会と大々的に行われ、民間でも各地で任意団体が定期的に開催しています。

公式ルール(公式ページより引用)

『発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.順番に一人5分間で本を紹介する.
それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.』

イラストで解説! ビブリオバトル(知的書評合戦)とは?ー東京都立図書館
https://www.library.metro.tokyo.jp/support_school/research/for_reading/bibliobattle/index.html?fbclid=IwAR2c7-kMyxjzcrZW1-gLaJrNpUTjl9MFWG0wkyx2xLUYLa9gTQM5rxfMnPg

女優でタレントのさいたま観光大使 村田綾さんも応援に来てくれました!
埼玉県各地で行われた予選会に、女優の村田綾さんがかけつけてくれました!



決勝戦では村田さんが司会として登場してくださいますので、ぜひ足をお運びください。

【決勝戦】
■日 付:2020年1月18日(土)
■時 間:
 準決勝A 10時~ 準決勝B 11:15~ 準決勝C 12:30~

 決勝戦 14時~
■場 所 :イオンレイクタウンkaze「翼の広場」
(JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅からすぐ)
■決勝戦司会 :村田 綾(女優)
■定員 :各回40名(事前申込30名、当日受付10名:先着順)
申込方法 :
観覧を希望するプログラムとお名前を記入の上電子メールでお申し込みいただくか、以下の申込フォームよりお申し込みください。
 メール(R40大人のビブリオバトルin埼玉事務局): saitama2@sagojo.link
 申込フォーム(Peatix)※プログラムごとフォームが分かれています。
  準決勝A: https://r40otonanobibuliobatoru1.peatix.com
  準決勝B: https://r40otonanobibuliobatoru2.peatix.com
  準決勝C: https://r40otonanobibuliobatoru3.peatix.com
  決勝戦:  https://r40bibliobattle.peatix.com

 ※詳細は、ホームページ「埼玉共助スタイル」を御覧ください。
  http://kyojo.saitamaken-npo.net/event/otonanobiblio.html

■主催:埼玉県(県民生活部共助社会づくり課) R40大人のビブリオバトル in 埼玉 事務局

当日イベント後の取材、貴社媒体での記事掲載などご検討いただけます場合には、以下問合せ先まで御連絡ください。