芸能事務所を辞めるときのトラブルも、労働組合が力になれる可能性があります

【オンライン型労働組合】「みんなのユニオン」は、全国どこからでもスマホだけで加入でき、加入脱退も自由です。組合費も完全無料で、組合員に代わり、職場に職場改善を要求する通知を送る活動をしています。
今回は、タレントさんからのお悩みを受け付け、事務所へと通知をしたためご報告します。

芸能事務所の社長に2600万円を恐喝された!?

今回、「みんなのユニオン」に寄せられたのは

「事務所から独立しようとしたら、社長に『2600万円払え』と言われた」

というAさん(仮名)からのお悩みでした。

Aさんはタレント業をしており、多くのSNSを使っていましたが、社長に独立したい旨を伝えたところ

「事務所をやめるんだったらアカウントを買い取れ」

と言われ、2600万円の請求を受けている状態です。

ユニオンの顧問弁護士がAさんの悩みを生電話受付!

Aさんの許可をいただき、ユニオンの顧問弁護士である岡野武志がAさんの悩みを生電話で聞き取りました。
そして、具体的にAさんがどのような悩みを抱いているかを確認しました。

その内容は、以下の通りです。

・Aさんは10年以上前からプライベートでSNSを利用しており、SNSに関して事務所は特に何もしてくれなかった
・それなのに、事務所に収益をとられるのは割に合わないと思い、事務所から独立したい旨を社長に伝えた
・すると、社長は「事務所を辞めるのならアカウントを買い取れ」と2600万円を請求してきた
・金額でもめているため、まだ辞められていない状態

Aさんの他にも、事務所を辞めたいと思っている方がいますが、その方もお金の件で揉めているそうです。

事務所としては売れっ子タレントは手放したくないと思いますが、Aさんのケースを見ると過大な請求だといえるでしょう。

Aさんが所属する事務所には、不当請求をやめる旨の通知書を送りました。

YouTubeでユニオンの活動を配信!

「みんなのユニオン」は、会社に調査と是正を要求するだけでなく、その活動をYouTube動画で世間に広めています。

その目的は2つあります。

①会社で働く方が受けた待遇等を社会に問題提起する
②同じような悩みを持つ人に解決のきっかけを伝える

芸能事務所に所属している方で、「独立したくてもできない」、「お金の問題で揉めている」という方のお力になれるかもしれません。

今回の通知についてYouTubeで解説した動画がこちらです。
「みんなのユニオン」がどのような活動をしているかをお伝えできると思いますので、ぜひご覧ください。

1度きりでは終わらない「みんなのユニオン」

Aさんのケースですと、通知書を送ったあとも改善がみられない場合、もう一度Aさんの電話受付を行い世間と情報を共有しようと考えています。

「みんなのユニオン」には、職場環境の悩みが多く寄せられていますので、一人ひとりのお力になれるように今後も日々活動していきます。

また、YouTubeでも寄せられた悩みや法的問題を随時配信していく予定ですので、ご自分の職場環境が違法でないか、ご確認ください。

「みんなのユニオン」はみんなのために

職場で受けた不当請求や恐喝などは、誰に相談していいか分からないですよね。
だからといって、自分1人だけが声を上げるのも難しいです。
そういう方のために「みんなのユニオン」はあります。

「みんなのユニオン」は

・組合費が永年無料
・通知書はユニオン名義で送付

となっています。

また、活動の参加義務はなく、加入脱退も自由です。

職場環境の改善を望む方や同じような悩みをお持ちの方は、ぜひ「みんなのユニオン」にご加入ください。
早期に通知書を依頼して、辛い職場環境の改善を目指しましょう!

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:050-3184-3552
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:石川