リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「自動車用タイヤの世界市場:2025年に至るサイズ/タイプ別、アフター/OE別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
自動車用タイヤのアフターマーケットの世界市場規模は2019年の1017億ドルから、2025年には1131億ドルへと漸増が予測されます。レポートが対象としているのは、アフターマーケット、OEマーケット、およびリトレッドタイヤ市場となります。
当レポートでは、2025年に至る自動車用タイヤの世界市場予測(市場規模US$、数量ベースUnits)、アフターマーケットタイヤ幅別(200mm未満、200mm~230mm、230mm超)、アスペクト比別市場(60未満、60-70、70超)、リムサイズ別市場(13“~15”、16“~18“、19“~21”、22“~26”)、季節別市場(夏用タイヤ、冬用タイヤ各種、オールシーズン用タイヤ)、車両タイプ別市場(乗用車、小型商用車、大型商用車)、リトレッドタイヤ市場車両タイヤ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、OEマーケット車両タイプ/リムサイズ別(乗用車各種、小型商用車各種、バス各種、トラック各種)、タイプ別市場(ラジアルタイヤ各種、バイアスタイヤ)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
自動車用タイヤの世界市場:2025年に至るサイズ/タイプ別、アフター/OE別予測
Tires Market for OE & Replacement by Rim Size (13-15, 16-18, 19-21,>21 inches), Replacement Market, by Aspect Ratio (<60, 60-70, >70), Section Width (<200, 200-230,>230 mm), Season, Vehicle Type, Retreading Market, and Region – Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Tires_2025_MAM1943.html

【レポート構成概要】
◆自動車用タイヤの世界市場予測2017-2025年
・市場規模(US$)
・数量ベース(Units)

<自動車用タイヤ、アフターマーケット>
◆タイヤ幅/車両タイプ別、市場-2025年
・200mm未満
・200mm~230mm
・230mm超
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆アスペクト比/車両タイプ別、市場-2025年
・60未満
・60-70
・70超
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆リムサイズ/車両タイプ別、市場-2025年
・13“~15”
・16“~18“
・19“~21”
・22“~26”
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆季節別、市場-2025年
夏用タイヤ
冬用タイヤ
・スタッドタイヤ
・スタッドレスタイヤ
オールシーズン用タイヤ
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆車両タイプ別、市場-2025年
・乗用車
・小型商用車
・大型商用車
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

<自動車用リトレッドタイヤ市場>
◆車両タイプ別、市場-2025年
・乗用車
・小型商用車
・大型商用車
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

<自動車用タイヤOEマーケット>
◆車両タイプ/リムサイズ別、市場-2025年
乗用車
・13“~15”
・16“~18“
・19“~21”
・21“超
小型商用車
・13“~15”
・16“~18“
・19“~21”
・21“超
バス
・16“~18“
・19“~21”
・21“超
トラック
・16“~18“
・19“~21”
・21“超
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆タイプ別、市場-2025年
ラジアルタイヤ
・チューブタイヤ
・チューブレスタイヤ
バイアスタイヤ
※(市場規模US$)(数量ベースUnits)

◆主要国地域別市場-2025年
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・韓国、タイ
・その他アジア太平洋
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国
・スペイン、ロシア、イタリア、トルコ
・その他欧州
中南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他中南米
中東アフリカ
・南アフリカ、イラン
・その他中東アフリカ
※地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に自動車用タイヤOEマーケット、車両タイプ別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析
・市場予測シナリオ3種類掲載
・バリューチェーン分析
・将来技術
・競合状況
・自動車用タイヤ市場へのCOVID-19の影響

◆自動車用タイヤの主要企業プロフィール動向
・株式会社ブリヂストン
・CONTINENTAL AG
・GOODYEAR TIRE & RUBBER COMPANY
・MICHELIN
・PIRELLI & C. S.P.A
・住友ゴム工業株式会社
・HANKOOK TIRE
・横浜ゴム株式会社
・COOPER TIRE & RUBBER COMPANY
・東洋ゴム工業株式会社
・ADDITIONAL COMPANIES

北米
・TITAN INTERNATIONAL INC.
欧州
・CODA DEVELOPMENT
・DUNLOP
アジアオセアニア
・KUMHO TIRE
・NOKIAN TYRES PLC
・APOLLO TYRES LTD.
・MRF LTD.
・JK TYRE & INDUSTRIES LTD.
・CEAT LTD.
・NEXEN TIRE CORPORATION

(全239頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Tires_2025_MAM1943.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年5月11日

★関連レポート
「世界の自動車ホイールアフターマーケット:2025年に至るリムサイズ別、マテリアル別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/14/Automotive_Wheel_Aftermarket_2025_MAM1407.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html