茨城県水戸市の一般社団法人MIJW-水戸発夢を叶えるプロジェクト(代表理事 中井川 正男)は5月18日から日本全国のマスク不足で困っている人を対象にマスクの無償配布を実施している(送料のみ負担)。 同法人はコンサルタント・カウンセラーとして活躍している中井川代表理事が「みんな違って みんな仲間」を合言葉に会社や学生対象の講演活動や人材育成、刑務所での再起支援など「こころ」の面からさまざまな社会貢献事業に取り組んでおり今回のプロジェクトもその一環である。 マスクの無償提供は4月から水戸市を中心に水戸市役所・茨城県庁・医師会・看護協会・歯科医師会・薬剤師会・社会福祉協議会などを通じて16万枚以上実施されている。しかし、それでも医療関係者ですら1人1人に十分には届いていない。日中働く人は買いに行くこともままならず薬局やコンビニでも手に入らず、現在においても入手が難しいと感じる人がまだまだ多いとの情報を得てきた。 そこで、最初は水戸市民の「働く人限定」で困っている本人に手を挙げてもらってプレゼントする企画をスタート。その後茨城県民まで対象を拡大し、今回、MIJWのSBC(Social Business Challenge)の全国のメンバーの協力も得て、(1)日本対象(返送用封筒を同封:切手代が84円+120円で1人8枚)に加えて(2)東日本対象(PayPay払い120円で1人10枚)(3)西日本対象(東日本と同様)と3つの窓口で現在申込を受付けている。詳しくは公式HP参照(https://niko0niko.wixsite.com/mijw)・・・MIJWで検索可能です。