2020年6月30日

報道関係者各位

コロナ禍における中高生のNPO寄付支援プロジェクト  「中高生によるCharity Movie Project -コロナに負けるな!NPO支援-」開始のお知らせ

公益社団法人日本フィランソロピー協会 (東京都千代田区/会長:浅野史郎、理事長:髙橋陽子) は、コロナ禍におけるNPOへの緊急支援と次世代育成事業を合わせた新規プロジェクト 「中高生によるCharity Movie Project -コロナに負けるな!NPO支援-」を7月1日より開始します。

  

■概 要■

 コロナ禍において、困難を抱える子どもたち、障がい者、ホームレスなどは、よりいっそうつらい状況に陥っています。 「Charity Movie Project」は、彼らを支え、奮闘するNPOを応援するプロジェクトです。

中学生・高校生が主役となり、①5つの中から選んだ1つのNPO活動をオンラインで学ぶ、②その活動の大切さを伝える動画を制作する、③制作した動画をSNS等通じて発信・PRし一般の人々に寄付を呼びかける、④集まったお金をNPOに届けるというものです。本プロジェクトを通じて、学生、NPO、企業人と多世代間協働によるSDGs推進と、世代・立場を超えた信頼を軸にしたコミュニケ―ション力の醸成を目指しています。

 

【参加対象】  全国の中学生・高校生(1人でもチームでも参加可能 ※1チームは5名まで)

【 参加費 】  無料   

【募集期間】  2020年7月1日(水)~7月31日(金)

【応募方法】  「中高生によるCharity Movie Project -コロナに負けるな!NPO支援-」

          専用応募フォーム(https://business.form-mailer.jp/fms/20b1bf9d124124)より申込

【スケジュール】

8月~10月  参加者決定、キックオフオンラインミーティング開催、NPOへヒアリングしながら動画作成

10月~12月  特設サイトでの動画公開・PR (寄付受付期間)

2021年1月  日本フィランソロピー協会を通じてNPOへ寄付贈呈、動画表彰式開催

【支援NPO】(5団体)

・NPO法人アスイク(宮城県仙台市)     ・NPO法人ポラリス(宮城県山元町)

・NPO法人移動支援Rera(宮城県石巻市) ・認定NPO法人多摩草むらの会(東京都多摩市)

・認定NPO法人日本クリニクラウン協会(大阪府大阪市)

【主   催】 公益社団法人日本フィランソロピー協会

【協   賛】 株式会社ジェーシービー 株式会社ブリヂストン

【協   力】 東京経済大学経済学部・藤井ゼミ生(Project Based Learning)

 

 

【公益社団法人日本フィランソロピー協会について】

1963 年設立、 1991 年よりフィランソロピーの推進事業を開始。 2009 年に公益社団法人としての認定を受ける。企業の CSR社会貢献担当者を対象としたセミナ-開催や、従業員などのボランティアや寄付のコーディネート、さらに、「誕生日寄付」事業を通じて、個人の寄付文化の醸成に注力。民間の果たす公益の主体となる企業や個人の社会参加意識を高め、 公正で活力ある心豊かな社会の実現を目指す。会員企業は 126 社 (2020 年4月1日現在 ) 。

ホームページ : https://www.philanthropy.or.jp/

 

■ プロジェクト概要図 ■

 

■プロジェクトのポイント■

①オンラインで実施のため全国から参加可能

コロナ禍での実施を鑑み、プロジェクトは、キックオフミーティングからNPOへのヒアリング、寄付の広報・贈呈、表彰式までオンラインで実施します。

 

②特別な機材・スキル不要の動画制作

中高生が動画を作成するツールは、iPad、iPhoneを使いガイドに沿って1カットずつ撮影するだけで、誰ででも簡単に動画が作成できるアプリを使用。

 

③中高生のサポーターとして大学生・社会人が協力

動画制作やNPOへのヒアリングのサポートに、東京経済大学経済学部・藤井ゼミ生および協賛企業社員がボラティアとして伴走。寄付者は、動画を見て共感した大人たち。多世代協働の寄付プロジェクトを目指します。

 

■寄付により支援するNPO■(5団体)

 

団体名(活動拠点) 活動概要
NPO法人アスイク (宮城県仙台市)

2011年に発生した東日本大震災の直後に、避難所で生活する子どもたちの学習支援を開始。その後、震災によって顕在化した子どもの貧困問題に取り組み、仙台市や宮城県などと協働しながら、ひとり親家庭などの学習・生活支援事業をはじめ、不登校や高校中退などによって居場所のない子どものフリースペース、子ども食堂、保育園、児童館なども運営している。

NPO法人移動支援Rera (宮城県石巻市)

震災による移動困難者への支援を継続、発展させることにより、それに続く“社会的弱者”への取り組みへとつなぎ、誰もが必要な外出をあきらめずに暮らすことのできる社会を築くため、ご自身での移動が困難な住民の方を病院などへ送り届ける送迎事業などを展開。

NPO法人ポラリス (宮城県山元町)

震災の経験も糧に、地域との交流から共生社会の実現を目指す。「地域全体が、障害者がはたらき、楽しみ、学ぶフィールド」と考え、障害者支援事業では、精神・知的・発達障害のある人の仕事や表現活動を支援。また、心のケア事業や地域コミュニティ創造事業を展開。

認定NPO法人多摩草むらの会 (東京都多摩市)

心の病を持つ精神障がい者が安心して自立した生活ができるよう、畑作業や採れたて野菜の創作料理を出すレストランなどでの就労支援をはじめ自立生活支援、相談支援など、様々な形で支援事業を展開。また、引きこもりの方などの就労困難な方々の社会参加の場として場も築いている。

認定NPO法人 日本クリニクラウン協会 (大阪府大阪市)

「すべてのこどもにこども時間を」を合言葉に、赤い鼻がトレードマークのクリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院しているこどもたちが本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境をつくるため活動。クリニクラウンならではの遊びやコミュニケーションを通じて成長や発達サポートしながら病棟スタッフとも協働し、こどもの療養環境の向上を目指している。