ヤマハ×島村楽器コラボで2020年8月31日(月)発売予定


写真はSCLP-7450の2色です
写真はSCLP-7450の2色です
 島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田卓也)とのコラボレーションによる電子ピアノ、ヤマハ『SCLP-7450』、『SCLP-7350』の2機種を2020年7月1日(水)、発表いたします。発売日は8月31日(月)頃を予定しています(※1)。
 ヤマハの電子ピアノ「Clavinova(クラビノーバ)※2」のラインナップ「CLP-745」、「CLP-735」をベースに、島村楽器オリジナルの要素を追加しました。まるでクラシック音楽史を辿るかのようにバリエーション豊かなピアノ音色や、代表的なピアノ教則本に収録される練習曲を豊富に揃えた内蔵曲など、弾いて楽しむだけでなく、”学び”にこだわった機能を備えています。『SCLP-7450』、『SCLP-7350』のテーマである「音楽と暮らそう」のさらなる実現を目指した仕様となっています。

 『SCLP-7450』、『SCLP-7350』の両モデルには、グランドピアノに近い弾き心地と高いコントロール性を実現した新たな鍵盤「グランドタッチ-エス™鍵盤」を採用。繊細なピアニッシモから力強いフォルティッシモまで様々な音色を弾きだせる幅広いダイナミックレンジと、グランドピアノのハンマーが弦を打ったときに感じられるような心地よい手ごたえを実現しました。
 音色にはクラビノーバの CLPシリーズにも使われているヤマハのコンサートグランドピアノ「CFX」と、ベーゼンドルファー「インペリアル」から新たにサンプリングした音源を搭載。そしてグランドピアノの多彩な音色変化を再現するヤマハの最新技術「グランド・エクスプレッション・モデリング」により、グランドピアノに迫る高い表現力を実現しました。
 また現代のコンサートグランドピアノやアップライトピアノの音色だけではなく、様々な時代を感じさせる「バロック」、「クラシック」、「ロマンティック」、「モダン」など18種類のピアノ音色を選べるため、バッハなら「バロック」、ショパンなら「ロマンティック」など、それぞれの時代に活躍した作曲家の曲をその当時を彷彿とさせる音色で弾くことで、よりピアノの楽しさや楽器としての奥深さを体感いただけます。
 ほか鑑賞と練習のお供には欠かせない内蔵曲として、バイエル、ブルクミュラー、チェルニー、ハノンなどの有名なピアノレッスン曲から303曲、ピアノ学習者であれば誰もが憧れる、選りすぐりのクラシック100曲を収録しました。

 『SCLP-7450』、『SCLP-7350』ともに、カラーは島村楽器オリジナルの2色展開で、濃く赤みのあるブラウンが落ち着きと優しさを醸し出すダークアルダー調(DA)、明るくスタイリッシュなホワイトウッド調(WH)からお選びいただいただけます。いずれも流れるような木目が魅力で、生活空間になじみやすくなっています。価格は『SCLP-7450』が¥231,000(税込)、『SCLP-7350』が¥170,500円(税込)。ぜひ全国の島村楽器店頭、あるいは島村楽器オンラインストアにてお買い求めください。

※1 新型コロナウイルスの影響により、発売日が多少前後する可能性がございます
※2 「クラビノーバ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です

SCLP-7450とSCLP-7350の主な違いはスピーカー数、鍵盤の素材、Bluetooth®対応の有無などです。詳しくは下記の製品概要をご覧ください

■製品概要

※Bluetooth®のワードマークおよびロゴはBluetooth SIG,Incが所有する登録商であり、ヤマハ株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

◆各モデルの詳しい情報は、下記の製品ページをご覧ください

SCLP-7350(DA)
https://store.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/1/mt0099157/

SCLP-7350(WH)
https://store.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/1/mt0099158/

SCLP-7450(DA)
https://store.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/1/mt0099159/

SCLP-7450(WH)
https://store.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/1/mt0099160/

■会社概要
社名 : 島村楽器株式会社
代表者: 代表取締役社長 廣瀬 利明
設立 : 昭和44年3月(創立:昭和37年1月)
売上高: 386億円(2020年4月)
従業員数:2,268名(2020年4月)