~また、2021年度新卒内定式は、10月1日にオンラインで開催~

英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅 義和、以下「イーオン」)では、コロナ禍ならびにコロナ後を見据えて社員の新しい労働環境を整備しており、その一環として、新人研修プログラムを刷新します。

これまで各事業本部別に実施してきた新人教育研修(新卒、中途含む)の見直しをすすめ、オンライン研修に一本化し、10月入社予定の新人研修から、新プログラムでの研修を開始します。

また、今年の2021年度新卒内定式は、10月1日(木)に、オンラインで開催することが決まり、内定者85名が出席予定です。

イーオンでは、新卒の他、通年採用として、生徒のケアを行うスクールスタッフと、英会話指導の教育部門スタッフの2枠での採用を実施しています。5つの事業本部(東京、名古屋、大阪、福岡、岡山)では、全国に250以上の教室、本部で働く社員を採用するたび、所管の本部ごとに新人研修を実施してきました。

長期化するコロナ禍において、オンライン化により3密を避けた研修運営が可能となる他、各本部別に展開していた研修を一本化することで基礎教育の均一化が図れ、さらに講師の時間が5分の1と負担が減り、他の業務時間や講師の勉強時間に充当できるなど、多くの利点が見込めます。

新・新人研修プログラムでは、企業理念やビジネスマナー、商品知識などを学ぶ共通仕様と、カウンセリングなどを学ぶ各本部別のプログラムがあり、合計16プログラムを用意しました。

研修は、配属前に基礎的なことを学ぶイニシャル研修(10プログラム、合計840分)と、配属後1か月で実践的なことを学ぶフォローアップ研修(6プログラム、合計390分)の2部構成で展開します。既存のオンライン英語レッスンで使用しているシステムを活用し、4分割の画面に教師の顔、テキスト、教師が入力した文字が表示され、臨場感あふれるTV会議・WEB会議システムで実施します。

コンプライアンス研修など、入社後も定期的に行う研修については、今回の刷新に合わせてグループ会社のKDDIラーニングの「Manabi」システムを導入し、新人研修プログラムとは別に定期的に実施していく予定です。

【新・新人研修プログラム(オンライン研修)の概要】

・研修開始日  :2020年10月

・プログラム構成:(1)配属前研修

           イニシャル研修(10プログラム、合計840分)

         (2)配属後1か月研修

           フォローアップ研修(6プログラム、合計390分)

※その他、KDDIラーニング「Manabi」システムで、コンプライアンス研修等を定期的に実施

【イーオンについて】

イーオンは1973年に創業以来、日本人に最適な語学教育を通し、世界で通用する人材育成に高い評価をいただいています。日本人の英語上達のためにオリジナル教材を開発。人格、指導力ともに優れた日本人教師と外国人教師を採用。それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、苦手を克服しながらコミュニケーション力を高め、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げています。2018年からはKDDIグループの一員となり、イーオンが培ってきた「日本人のための英語教育」のノウハウと、KDDIグループの持つ情報通信技術が融合するEdTechを推進し、最新かつ高品質なサービスに取り組んでいます。

イーオンでは、安心して英語を学んでいただくために、

●新型コロナウイルス感染拡大防止を最大限整えた環境を提供します。

●生徒様の授業料に対して、「前受金分別信託制度」を導入しています。

●外国人教師の99%は北米で採用。来日後は全員日本の社会保険に加入させています。

株式会社イーオン(本社所在地:東京都新宿区、代表者:三宅 義和)は、現在、全国主要都市に255校を有し、幼児から学生、社会人の方々が通いやすく学びやすい環境とカリキュラムを構築。グループ全体で生徒数9万人を超える実績とともに、その約50%は未来を担う子どもたちであることもイーオンの信頼の証しです。

◆イーオン公式HP: https://www.aeonet.co.jp