“鉄道の魅力を発信するプロジェクト” 「プラレール鉄道」シリーズ

子どもたちの考える”かっこいい!”を詰め込んだオリジナル車両入りのオールインワンセット

「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」

2021年4月15日発売

西武鉄道コラボ動画 本日公開 ~プラレール鉄道×西武鉄道でいく こどもたび~

 

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、鉄道玩具プラレール「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」(5,500円/税込)を、2021年4月15日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売いたします。

「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」と

「スピードジェット」のイメージビジュアル ※トミカは別売りです。

 

 この商品は、2021年春から本格始動する“鉄道の魅力を発信するプロジェクト”「プラレール鉄道」の象徴となる新型の高速鉄道車両「スピードジェット」を初めて商品化したものです。プラレールの基本の3要素である「車両」「レール」「情景パーツ」が揃ったオールインワンセットとなっており、「スピードジェット」のデザインは、子どもたちの考える“かっこいい”要素を詰め込んだ、オリジナル車両ならではのものです。

 また、「プラレール鉄道」のコンセプトである“鉄道の魅力を発信するプロジェクト”の取り組みのひとつとして、本日2月26日から西武鉄道の旅を映像で楽しめるコラボレーション映像「プラレール鉄道×西武鉄道でいく こどもたび」を西武鉄道公式YouTubeチャンネル「西武鉄道公式チャンネル」および、タカラトミー公式YouTubeチャンネル「タカラトミーチャンネル」にて公開いたします。これは西武鉄道沿線をプラレールで再現し、プラレール鉄道の「スピードジェット」と西武鉄道の特急車両「Laview(ラビュー)」が並走する様子などを実際の西武鉄道の映像を交えながら楽しめる企画で、これまでとは違った新しい鉄道の旅を楽しんでいただきたいという想いから制作いたしました。西武鉄道の駅係員のみなさんにもご出演いただくなど、おうちで西武沿線の旅を体験できる映像作品となっています。

 

(※)プラレール鉄道とは

2019年にプラレール60周年を記念して“創立”された架空の鉄道会社です。2021年は「プラレール鉄道」をプロジェクトとして本格始動し、「てつどうにトキメキを こどもたちにワクワクを」をテーマに、“プラレールの新しい遊び”をお楽しみいただける玩具展開のほか、全国の実在鉄道会社との垣根を超えたコラボレーションを展開してまいります。

 

商品「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」について

プラレールの基本の3要素が揃ったオールインワンセット!

 プラレールで楽しく遊ぶための3要素である「車両」「レール」「情景パーツ」をセットにいたしました。このセットには全17種類のパーツが入っており、この商品ひとつで6種類以上のレイアウトをつくることができます。

 

<各要素のポイント>

・車両「スピードジェット」(3両編成)

 「プラレール鉄道」のコンセプト“子どもたちが憧れ、わくわくするような夢の列車を作る”に沿い、子どもたちの意見を、ユーザー調査を活用して取りいれたオリジナル車両です。既存のデザインにとらわれず、プラレールとして子どもたちの憧れるデザインを形にいたしました。

 

 

・レール

 プラレールユーザーに人気の遊びである「坂」や「立体交差」を再現できるパーツがセットになっており、のぼりおりや立体的なレイアウトを好みに合わせて楽しめます。

 

ユーザーに人気の遊び(左)坂、(右)立体交差

 

 また「つなげレール」は表裏の2面で2通りの使い方ができるレールです。表面は道路としてトミカと一緒に遊べ、裏面は別のレイアウトの直線レール1本と入れ替えてつなげると行き来できるようになるというもので、レイアウトの拡張を手軽に楽しめます。

・情景パーツ 新駅「プラレール駅」

 「プラレール鉄道」としてはじめての“駅”が、新たなギミック付きで新登場いたしました。駅のレバーが“STOP”の時にホームにいたお客さん(パネル型のプラキッズ)が、レバーを“GO”にするといなくなり、まるで本当に乗車したかのような演出が楽しめます。新駅「プラレール駅」

 

人気声優・日野聡さんご出演!商品PVとCM映像が本日公開

 商品発売に先駆けて、本商品のPV、CM映像をタカラトミー公式YouTubeチャンネル「タカラトミーチャンネル」で本日公開いたします。映像のナレーションは「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」煉獄杏寿郎役のほか、多数の作品にご出演の人気声優・日野聡さんにご担当いただきました。燃える炎のような赤い車両「スピードジェット」の雄姿を、日野聡さんの迫力あるナレーションにと共にご覧ください。

 

▼視聴URL(YouTube)

プラレール鉄道 スピードジェットPV:youtu.be/h4mCUl6oalo

 

<ナレータープロフィール>


日野聡(ひのさとし)

8月4日生まれ・サンフランシスコ出身

<代表作>

・「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎 役

・「呪術廻戦」加茂憲紀 役

・「ハイキュー!!」澤村大地 役

 

プラレール鉄道×西武鉄道 コラボ動画について

 

 本日公開の、西武鉄道の旅を映像で楽しめるコラボレーション動画「プラレール鉄道×西武鉄道でいく こどもたび」はプラレールで西武鉄道「池袋線」・「西武秩父線」の主要な5駅とその区間を再現し、プラレール「西武鉄道001系Laview(ラビュー)」と「スピードジェット」が走行する様子を駅や列車の撮りおろし実写映像を交えて収録したものです。

 

 

 本作は西武鉄道の駅係員のみなさんにご出演いただき、通常の駅務業務では見られない姿も垣間見えるものとなっています。また、プラレールを使った西武鉄道沿線の再現は、プラレール鉄道で日々路線(レール)のつなげ方や楽しいレイアウトコースの研究を行う“レール博士”と、レールのつなぎ方・遊び方に精通した、プラレールファンの有志の皆様とともにジオラマを制作しました。見どころは、池袋・所沢・飯能・横瀬・西武秩父の5駅を配線まで細かく再現し、更にレール博士のこだわりで、分岐や交差も表現している点です。「スピードジェット」の出発駅として「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」に含まれる新駅「プラレール駅」を使用し、「スピードジェット」と「Laview(ラビュー)」との夢の競演が楽しめます。

 

<映像について>

・配信サイト:

①西武鉄道公式YouTubeチャンネル「西武鉄道公式チャンネル」

www.youtube.com/channel/UCI51nhuV2Dbxuud6lVBrVLg

②タカラトミー公式 YouTube チャンネル「タカラトミーチャンネル」

www.youtube.com/c/takaratomychannel

③プラレール公式サイト内 「プラレール鉄道」ページ

www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/set/plarail_railway

 

・配信期間:2021年2月26日(金)~

・ロケ地 :グランエミオ所沢“とこにわ”

      西武鉄道 池袋駅、所沢駅、飯能駅、横瀬駅、西武秩父駅

 

 商品概要

 

「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」  ※トミカは別売りです。 

 

商品名   : 「人気のあそびがギュッ!プラレールベストセレクションセット」

希望小売価格: 5,500円(税込)

発売予定日 : 2021年4月15日(木) 

対象年齢  : 3歳以上

商品内容  : 直線レール(2), 1/2直線レール(2), 1/4直線レール(凸凸×1、凹凹×1、凸凹×2)(4), 曲線レール(14), ターンアウトレール(L・R)(2), ニュー坂レール(2), ブロック橋脚(4), ブロック橋脚(ライトグリーン)(2), つなげレール(1), 踏切 1セット(1), プラレール駅 1セット(1), 立ち木(半立体)(2), 単線架線柱(4), スピードジェット(3両編成)(1), シール(1), 取扱説明書(1)

商品サイズ : 約 W1,480×D680×H150(mm)※上記レイアウト展開時

使用電池  : 単3形乾電池×1本 ※電池は別売りです。

取扱い場所 : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp

著作権表記 : © TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

公式HP  : www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/set/bestselection02

 

【プラレールとは】

 「プラレール」(発売元:株式会社タカラトミー) は、2019年に発売60周年を迎えたロングセラーの鉄道玩具で、3世代にわたって愛されているブランドです。「プラレール」の原型は、金属や木の玩具が主流であった1959年に、当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」です。

 象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズで設計されました。この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールを繋げて遊ぶこともできます。

 今後も、身近であり憧れでもある“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力等の子どもたちの成長を促し、また親子のコミュニケーションを育むブランドとして展開していきます。日本国内ではこれまでに、累計約1,570種類、1億7,500万個以上を販売しています(2020年6月末現在)。