~スポーツを通じた地域活性化を目指します~

 京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:石丸昌宏)は、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、社長:楠見雄規)と、バレーボールチーム「パナソニックパンサーズ」を主軸とした地域社会発展のパートナーシップ協定を締結し、本日調印式を実施しましたのでお知らせいたします。

 本協定は、「沿線再耕」を主軸戦略に掲げ、地域とともに沿線の活性化に取り組む京阪グループと、枚方市をホームタウンとし、地域密着型のチーム作りを展開する「パナソニック  パンサーズ」の方向性が一致したことにより実現したものです。当社は、地域に根差しつつ、全国の強豪チームと戦うパンサーズのチーム・選手の姿に共感し、パートナーとしてサポートしてまいります。

 当社とパンサーズは、京阪グループ施設である「ひらかたパーク」において、パンサーズのファン感謝イベント「黒豹フェス」を開催するなど、かねてより連携を深めてきました。今回の協定締結を契機として、地域一体となってパンサーズを応援する機運を盛り上げ、枚方市を中心とする北河内地域の活性化のほか、沿線の中核都市である枚方市へのバレーボールファンの来訪増加による旅客誘致を目指します。

 今後、シーズン開幕に向けて本拠地・パナソニックアリーナの最寄り駅となる枚方公園駅を中心に、パンサーズのバナーを掲出するなど装飾を行い、ホームタウンとして盛り上げていくほか、京阪グループ施設でのイベントなども企画していきます。

調印式での記念撮影

同時刻にパナソニック株式会社からもニュースリリースを実施されていますので、こちらもご参照ください。

パナソニック株式会社  ニュースリリース

 https://news.panasonic.com/jp/press/

パナソニック パンサーズ公式ホームページ

 https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/ )

 

(参考) バレーボールチーム「パナソニック  パンサーズ」ユニフォーム(イメージ)

以 上