10月9日(水)放送のMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』に野球評論家の落合博満氏が「野球総理大臣」としてゲスト出演。阪神の監督就任のオファーがあれば「受ける可能性はある」と驚きの発言をする。
 

落合博満氏が阪神監督の可能性に言及!落合博満氏が阪神監督の可能性に言及!

番組の冒頭、阪神ファンのゲスト・千秋が「ずっと聞きたいことがあった」と切り出したのが、「去年、矢野燿大監督が就任する前に、落合さんが阪神の監督に就任するっていう噂がファンの間であったんですが、本当ですか?」という質問。しかし落合氏は「ありません」と即答した。
 そこで千秋が「もし将来、阪神から監督就任の打診があったら、どういう答えを出してくれるんですか?」と食い下がると、元阪神タイガースの狩野恵輔氏も「スゴイこと聞きますね…」と絶句。それに対し落合氏は「『野球で優勝させてくれればそれでいい』って言うのであれば(オファーを)受ける可能性はある」と発言。これには武井も驚きの雄叫びをあげ、千秋も「すごい!聞きました?阪神球団!?」とカメラに向かって問いかけた。小杉は「千秋さん的には撮れ高もうあったんちゃうの!?」と呆れていた。
 落合氏はこのほか番組の中で、今シーズン限りで阪神を退団する鳥谷敬選手についても言及するほか、開幕4番を任された大山悠輔選手への期待についても語り、さらには今シーズンのセ・パ両リーグのMVPも指名する。
 この模様は10月9日(水)よる11時56分からMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』で、「新内閣発足!落合総理降臨!タブーなし!忖度なし!で矢野阪神に物申す!」をテーマに放送。